発表募集要項

2017年秋季大会発表者募集のお知らせです。今年の秋季大会は、2017年10月21日(土)に、早稲田大学(早稲田キャンパス)で開催することとなりました。つきましては、敬語表現研究・待遇表現研究・ポライトネス研究・コミュニケーション研究及びそれらに関わる教育研究をテーマとした口頭発表を募集いたします。発表をご希望の方は、以下の発表規定をご参照の上、奮ってご応募ください。

1.発表資格

2.応募要領

3.締め切り

4.応募原簿の内容

  1. 発表題目
  2. 要旨:要旨:何を述べたいか(中心的な主張や結論),その論証等の概略(データ,研究方法など),セールスポイント(先行研究との違いなど)。上記3点を盛り込み,計2,000~2,400字程度。なお,参考文献の記載は概略でよいですが,字数に含めて計算するものとします。
  3. 大会当日の使用機器に関する希望(パワーポイント使用の有無)
  4. 応募者に関する情報:氏名(ふりがな)・所属・連絡先住所・〒・電話番号・FAX番号・E-mailアドレス(9月中に採否の結果を必ず受け取れるE-mailアドレスをご記入ください。)
(注記)

5.採否

採否は,応募者名を伏せて大会委員会で審議し,9月中旬までに応募者にメールで通知します。

6.採択から大会当日まで

採択通知を受けた場合,当日配布するレジュメのコピーを各自80部ご用意の上,当日直接ご持参ください。レジュメの分量は自由です。採択後,病気等やむを得ない事情で発表が困難になった場合や,発表題目を変更する場合には,速やかに事務局に届けてください。

7.大会当日の進行

当日,発表者(共同研究の場合は,発表者のうち少なくとも1人)は,指示された時刻までに会場に到着し,大会委員と打ち合わせてください。当日,発表で使用するPCはこちらで準備いたします。

8.終了後

学会誌『待遇コミュニケーション研究』(毎年1月発行)に掲載する発表要旨の原稿を,所定の要領で事務局まで提出してください。原稿の締切は11月末です。分量は,発表題目・氏名等を含めて,『待遇コミュニケーション研究』1頁分に掲載できる範囲内とします。原稿の詳しい体裁や見本は、学会終了後改めてお知らせいたします。

9.お問い合わせ

待遇コミュニケーション学会 事務局(庶務:徳間,金,任,李)
連絡先:wtcg@list.waseda.jp